サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

義父 脳出血から2週間

先月8月18日の朝、義父が救急搬送。脳出血でした。

入院当初、肺炎なども合併し、もはやこれまでと思われましたが

集中治療室を出て、現在では一般病棟へ移されました。

 

しかし、現在でも意識はあるものの、話も出来ない、問いかけにも応答できない自分では何もできない状態。

完全な寝たきりです。

 

介護の必要性を迫れる可能性に、家族一同が戦々恐々としている状態。

 

いくら家族でも

100%寝たきりの介護は、大変だと思います。

もちろん僕も同居しているので、そのリスクを非常に感じております。

 

今後を心配した義母が、医師へどんな状況であるのか?という、初歩的な質問をした。

 

なぜ、こんな質問なのか?

それは、一般病棟に移ってから、点滴もはずれ、機器類が体についていない(異常を察知する機器が一個ついてるのは見ましたが)

鼻から管で栄養を与えている。

それだけなのである・・・・

 

これでは、家族は今後、どうすればいいのかわからないのである。

施設の問題、介護認定、入院費用(まあ、入院していた方が費用はあまりかからないと思うが)、施設が見つからなった場合の家での介護・・・

何をどう準備すればいいのか、わからないのである。

 

医師は

「病院としてもなんとも言えません、今は現状のまま入院し、様子を見たい」とのこと

 

脳出血で、あっという間に亡くなるのでもなく、飛躍的に快方に向かうのでもなく、現状維持(寝たきり、意識障害)・・・

 

そういえば、同じ病室の3人も同じような感じ・・・

 

管に繋がっていて、話はしない・・・

家族が看護師に話しかけても

看護師は比較的冷ややかな、対応。

 

患者の面倒(着替えや、おむつ)を見てくれる看護師の方々も、この状況は慣れているのか・・淡々とした態度です。

 

この数日の間に、急患として運ばれたものの、命は取り止め、介護が必要・・・

入院先の看護師も、いささかめんどくさそう・・

もちろん、赤の他人だからである。

 

しかし、家族も最初の頃よりは、冷ややかなのである。

お金の心配、介護の心配・・・

寝たきりになってしまえば、以前の様な会話は不可能だし、これまでの生活には戻れない。

そう考えたら、やはり自分の心配が優先になる。

至極もっともだと思う。

 

今回は義父だが、実際、僕の実父だったら、どこまでの事をしてやれるのか?

ここ、2週間

自分の老後不安を考えながらも、周りの老後不安に苛まれております。