サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

義父の葬儀

老後不安を解消すべく日々節約しながら、少ない小遣いで少額投資をしております。

 

9月11日義父の葬儀が執り行われました

僕が喪主です

 

これまで、それほど葬式に縁のない僕は、まったくの葬式素人。そんな僕が突然の喪主をやることになりました。

 

地元の葬儀業者に指導を受けながら、なんと葬儀当日を迎えました。

 

頭の中は、喪主のあいさつでいっぱい。

悲しむと言うよりかは、ただのプレッシャーでしかなかったです

 

火葬場から葬儀場へ移り、淡々といつも通りのお葬式が進行されました。

 

最後の喪主の挨拶・・・これだけが不安

 

前日から何度も練習しましたが、メモ(挨拶言葉が書かれている)を見なければ、難しいと判断し、当日はばっちりメモを見ながらしゃべりました。

 

いろんな本を見ながら、文章をまとめ作成しました。

内容は充実し内容と自分でも感心するほどです。

 

あとは、ビビらずしゃべれるか?です

 

「最後の喪主さ様よりご挨拶がございます」※司会の人・・・

 

き・きたあああああ

ついに来た。この時が

 

スイッチを切り替え、立ち上がりマイクの前へ・・・

 

??ふと思い出したことがあります

そういえば、普段から40人程度の前で、朝礼の際アドリブで所見を毎日僕は話している

 

マイクの前に立った僕は、そのまま黙って、会場のみんなを見まわした・・・・

あれ?全然緊張しない

手も震えない、足も震えない

なんだ、前々余裕・・・

 

そのまま、普段通り丁寧にゆっくり話し始めました

 

「本日は、お忙しい中・・・・中略

本当にありがとうございました」

 

終了!

うまくいきました。

その後、棚上げ会場でのあいさつも前々余裕。

日々、人前で話していると知らないうちに、こんなに慣れるもんなんだと

改めて感じました。

 

ようやく葬儀も終わり、義父死去から数日間の緊張から解放されました。

 

しかし、翌日とんでもないイベントがあることを思い出しました。

 

そう、四十九日法要・・・

おいおい、もうめんどくさい。。。

 

と言うわけで、次は四十九日に向けた準備が始まるのでした。

しかし、その席で大きな事件が起きたことは、また後日アップいたします。

どんでもないことが、ありました。