サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

義父の死去・・そして納棺からお通夜

9月8日に同居の義父が亡くなりました

脳出血から誤嚥性肺炎

入院期間は約20日

 

葬儀社を選び、段取りをし

いよいよ、納棺・お通夜です

 

近い身内と、隣組と呼ばれる、田舎ならではの風習

お庚申(こうしん)仲間とも、言われるらしく、大昔はその仲間の方々が、

土葬する為の穴を掘ってくれてたらしい

 

年を取った人たちの聞いても、この仲間の人たちが、どうして仲間になったのかもわからないくらい歴史は古いらしい

 

お坊さんに来てもらい、お経をあげてもらい

棺へ・・・・

ちょっと前まで生きてた人が、死を迎える・・まだ実感もわきません

 

棺へ入れたら、旅仕度をしてあげるのです白い衣装に足袋や杖など。。

そして、顔を中心とした部分に花を飾ってあげる

 

最後に棺の蓋を閉じ、くぎを打つ

 

明日の葬儀まで、顔の部分の扉のみ開放して明日をまつ

それが納棺・お通夜です

この段取りも、葬儀社から教わったものです・・・いままで全然知りませんでした!

さすがプロフェッショナルです

 

お線香を絶やさず上げながら明日を待ちます

しかし、現在では「渦巻き香」と言われるお線香があり、らせん状に巻かれている物

簡単に言えば、昔ながらの蚊取り線香みたいなものです

これに火を付ければ、およそ六時間は消えないとのこと

さすがに昨日からの疲れで、渦巻き香をあげながら、転寝もしてしまいました

 

明日はいよいよ葬儀本番・・・

ハイプレッシャーなのは、なんといっても葬儀を締めくくる「喪主の挨拶」

前日から猛烈な緊張に襲われております