サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

病院で死亡宣言された後・・

9月8日

義父は、脳出血で入院後、誤嚥性肺炎により死去

 

亡くなった人を、どうやって自宅へ連れて帰るのか?

 

方法は2つ

①病院で提携している葬儀会社にお願いする

②自分たちの車で連れて帰る

 

①は、こじんまりと葬儀をしたいのだが、会社に頼んでしまうと、成り行きで葬儀までの段取りが決定されて行ってしまうそうです

 

②は、自家用車がワンボックス車なら問題ないが、普通車だときびしい

 

結果、僕はワンボックスだったので、自家用車で義父を連れて帰りました。

 

そして、そこからあわただしい

自宅の到着後、皆で運び

布団へ・・・・

 

遺体を横目に、家族と近い身内(義父の弟)がざわざわ・・どうするこの後

「寺に連絡するのか?役場へ行くのか?」なんて話で持ち切り・・・

悲しん出る場合じゃありません

そう、僕も突然の喪主で焦る

 

とりあえず地元の葬儀センターへお願いしたら、あっという間に担当者が来て、説明をしだす。

これまた、慣れた人でわかりやすく的確に説明してくれる。

 

 ある程度の方なら、葬式に参列したことはあるかもしれませんが、段取りをした経験のある人はあまりいないと思う

故人を偲ぶことも大事だが、大金がかかります。

葬儀会社によって金額の差はかなりの物だそうです。

 

亡くなってから自宅に戻ってからは

①葬儀社に連絡する

②死亡診断書及び死亡届を記入

③付き合いのあるお寺に連絡する(お坊さんのスケジュール確認)

④葬儀社が役場に死亡届を出してくれる(会社によって違うかも)

⑤葬儀社が火葬場の予約を入れる

そして、ここからがお金がかかる話

⑥祭壇のグレード

⑦お花のグレード

⑧お供えのグレード

⑨何人くらい参列者が来るかシュミレーションを行いながら、お通夜・棚上げの料理を決定

⑩喪主の挨拶のひな型をくれる・・・・

まあ、葬儀社は手慣れた感じで、素早くだんどってくれる・・・

お金はかかりますが、実際

一人の人間の終わりを飾る葬式

義理を欠いたことをすると、周りからとやかく言われます。(結果僕もなんやかんや言われましたが)

専門家に任せれば、ほぼ間違いありません。

 

お葬式なんてそう頻繁にあってはならないものですが、一度でも喪主を経験すると少しというかかなり、葬式の知識を得たと思います。

葬儀社も、ほんの些細な質問にも的確に答えてくれたので、知識もしっかり残りました。

 

 そんなこんなで、スケジュールを決定したあとは、本番に向かっていよいよ準備です。

そうです、まずは来客者の対応。

亡くなった当日からお通夜の間、来客者が後を絶ちません。

人が来るたび、正座して両手をついてご挨拶・・

ダメだ。。完全に膝がイッちまってる!!

 

そして、お通夜が始まりました。