サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

義父死去

 

 

 

f:id:tomokazu820:20170923115326j:plain

 

 

8月18日に義父は、脳出血で倒れ、救急搬送。

その後は、意識障害のままICU

 

一般病棟に移ってからも、管で栄養を与えられ、自ら栄養を摂取することは不可能であった。

 

医師からは、脳の出血が止まらない場合、開頭手術をする可能性。そして、救命できたとしても、重度の障害が残る可能性もあること。

また、医師はそれを勧めないこと。

 

数日経つと、出血は落ち着いたが、自発的に栄養を摂れない。完全意識霜害であり

、寝たきりであった。

義母は毎日、義父の様子を見に病院へ通った。

戻ると、今日は落ち着いていたよ・・・と言う。

 

傍目から聞くと、快方に向かっていると思いがちだが、ただ息を荒くせず、寝ているだけのことを言っているのだ。

 

僕も毎週日曜日に、妻と子供を連れ、見舞ったが

相変わらず、だれが来て何を話しているのかわからない様子だ。

 

9月に入り、脳の出血より肺炎の症状が頻繁に見えるとのこと。

 

そして、9月6日医師から呼ばれ、家族は病院へ。

 

説明によると、肺炎が進んでおり、水も溜まっているという。

こういったケースの場合、誤嚥性肺炎で急変することが多いらしい。

 

医師からは、肺炎の悪化の際の救命について、問われた。

 

急変時、のどを開口し、高度医療を施せば救命できるが、間違いなく重介護。受け入れる施設もないであろうと・・・

 

急変時の処置について、母は「もうこのままで・・・・」

きれいごとでは済まされない介護の問題。お金の問題。

総合的に考えれば、最もな答えである。

 

9月8日午前中、義母から電話があり、急変とのこと。

子供を学迎えにいき、病院へ・・・

 

病院には、義父の弟や甥や姪も。

義母も到着していたが

すでに、義父は帰らぬ人となっていた。

 

親族全員集まってから、死亡宣言をするらしい。

そして9月8日午前10時45分。死亡宣言が言い渡された。

 

入院から20日間。

人間の生命、病気、介護、お金、義理・・・

様々な風景が、この短い期間に流れました。

 

死亡確認後、病院で遺体をきれいしてもらい、さあ家に連れて帰る。

 

専門の看護師さんから

「では、、ええと。。。喪主さんは?」

「??喪主???あー葬式の?」

義母と、義父の弟が、僕を指さす・・・・・

 

「はあ?俺???!!」

 

甘かった、葬式のことを考えていなかった。

喪主なんて、配偶者がやるもんだと思っていた。。。

 

悲しむ時間もつかの間・・・

次なる試練が待ち構えていたのである。

 

この日、日経平均株価は下がっておりました。

株価チェックもできていない!!