サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

義父の脳出血から1週間

8月18日の義父の脳出血、救急搬送から1週間が経ちました。

入院から2、3日はかなりひどい様子。

肺炎も合併し、ダメかな?と、思いましたが、現在は、寝たきり、起きてはいるが、片麻痺、喋れない、口から栄養が摂れずに鼻の管から栄養を入れている状態。

 

入院当初、家族みんながもう長くないだろうと、心配や諦めもあった。

 

しかし、一昨日からそんな病状でありながら、一般病棟へ。

 

??わからん。

 

命の繋ぎ止めはしたものの、完全な寝たきり老人と化したかも。

 

こうなると、逆に家族は違う不安を持ち始める。

そう、介護である。

 

生死の境を心配し、生きれば元の生活に戻れる。死ねば、居なくなる。

 

介護はそのどちらでもない

 

周りの人間は拘束される。

いつ解放されるかわからない拘束。

 

義母は、もうじき70歳になるが、驚くほど若く活発だ。

義父は昔ながらの亭主関白。頑固者。

これまで、義母が友達と出かけるのも気に入らない。

それでいて、義父は体力がなく、体は貧弱。

夫婦でどこかへ旅行はなんて事も、ほとんどなかった。

今回の入院で、もしかしたら義父はもうダメかも?という話の中で、義母はどこかサバサバしているようにも見えた。

長く寄り添った夫婦でも、もちろん面倒くささや、不満はあっただろう。

 

死んでしまう寂しさの裏側にどこか、解放された雰囲気も醸している。

 

しかし、介護という言葉がチラついた今、心中穏やかではないだろう。

 

今まで以上に面倒くさいことになる。

 

現在、妻と妻の妹で施設を探している。

今後、義父は普通の老人として、復帰出来るのだろうか?

 

75歳。元気な老人は多いが、一度脳出血をすると、余命は短いとも聞く。

 

自分の老後不安を感じている最中、まさか、義父や、義母の老後不安が重なるとは…。

 

ましてや、僕にも両親がいる。

 

まだまだ、僕の不安は取り除かれない。