サラリーマン、少ない小遣いでなんとか資産を作る道のり

普通のサラリーマンが少ない小遣いで株式投資などで、資産を作り老後の心配を少しでも無くしたい。

四元豚

 

四元豚と呼ばれる豚肉

ご存知ですか?

4種類の豚肉の良い部分だけを掛け合わせて作り上げられた

豚肉です

たまに聞きませんか?黒豚はバークシャー種だとか・・・

 

そういった豚に品種を4つ掛け合わせておいしい豚肉の品種を作り上げるのです

最近では最も耳にする三元豚。。

そうです、三元豚は3種の豚肉で掛け合わせ

ですから

四元豚は更に1種増やしたものです

 

トンカツに使用する部位は、主にロースの部分です

f:id:tomokazu820:20170215085836j:plain

日本が輸入する豚肉(チルド品のロース肉は特に)の原産国は、主にアメリカ、カナダ、メキシコの順でしょうか

 

今は、高級志向=国産品という、イメージがあるのですが

僕は、そうとは思いません

 

なぜなら、国産品より、一度も凍らせることなく海外からチルドで輸入されるロース肉は、ブロックのまま、真空パック状態で船で約3週間程度熟成されながら、日本に到着するのです

熟成(時間がかけられている)された豚肉は、うまみが増し、柔らかいのです

 

逆に国産品は、チルド真空パックされないままの流通でしたら賞味期限は約7日・・・

熟成されないまま、流通消費されるケースが多いです

 

特にトンカツなどを作るのであれば、なおさら輸入品の方がよいです

 

輸入品のロースは脂身もきれいに除去されておりますが、国産は非常に脂身が多く、残骨も多いです

 

近くのスーパーへ行った際は、たぶん

国産品とアメリカ産(又はカナダ産表示)で分けて、価格帯も別で販売されています

価格(100gあたり)と、肉の品質(脂身の量)を比べてみてください

また、四元豚と表示されていない限り、ほぼ三元豚です(日本にある豚肉は、表示されていなくても三元豚ですので)

そして、本題に戻りますが、

この四元豚。アメリカ産ですが、これの良さは何といっても、

柔らさかと旨みです

まさに、トンカツの為に作られた豚じゃないでしょうか??(言い過ぎではないと思います)

で、先ほども書いた通り、なかなか四元豚はスーパーで買えないので、購入はネットですね

こちらから買えます

 

この四元豚ロースポーションカットを使用して、トンカツを作ってみました

f:id:tomokazu820:20170215091818j:plain

このロースは100gですのでボリュームもあります。

そして、揚げ方も少し、こだわりたいですね

おいしい揚げ方のコツは 2度揚げです

170度の油で1分45秒揚げる→油から取り出し1分45秒休ませる

そして、更に1分45秒揚げる→5分以上放置してからカットします

(余熱で最終的に完全火を入れる感じです)

よく、揚げていて、トンカツが浮いて来たらOKなんて聞きますけど、これは

結果的に揚がりすぎになります。

浮いてくる直前が良いのです

f:id:tomokazu820:20170215092634j:plain

揚げたてアツアツのトンカツは、おいしいですよね

アメリカ産の四元豚を使って

ご家庭でも、本格的なトンカツが作れます!!

 

このサイトから買えますが、一つ注意点

解凍方法は、冷蔵庫か流水と書いてありますが、絶対に冷蔵庫解凍がおすすめ

流水は、結果的に肉が水の温度で暖まり、肉のうまみである「ドリップ」が流れ出てしまいます※よく言われる肉から水が出るって言われますよね?ほら、トレーにたまるやつです

このドリップが出ちゃうと、せっかくのうまみがなくなるので、冷蔵庫で解凍してください

家庭用の冷蔵庫はおそらく

5℃から10℃くらいなので前日の夜、冷蔵へ移し

翌日の晩にトンカツを作るイメージですね

 

では、

おいしいトンカツを作ってみてください!!